稲田会計事務所

HOME >  セミナー情報 > 講演会 > 講演会報告書

講演会の報告

講演テーマ                  

『21世紀における経営哲学・経営戦略』

 

講師 稲 田 二 千 武 
            
     ファミリー株式会社 代表取締役社長
盛和塾大阪 代表世話人

≪講師及び会社紹介≫
1940年 鳥取県大山町に生まれる。
1959年 米子商業高等学校(現:米子松蔭高等学校)卒業
1959年 株式会社橋本鉄工所 入社
1963年 株式会社中央物産 創業 代表取締役社長就任
1970年 ファミリー株式会社に商号変更
1998年 初美利健康器械(上海)有限公司 設立 董事長就任
2002年 上海市閔行区栄誉区民称号受章
      日本国 藍綬褒章受章
2005年 米子国際ファミリープラザ 開業
2007年 シャトーおだか 開業し、現在に至る。

【公職】 社団法人 日本ホームヘルス機器協会 会長
      日本医療機器産業連合会 常任理事

大阪で生まれ、今や世界中で使われているマッサージチェア。業界3強で、国内唯一 のマッサージチェア専業企業として、独創的な商品で常に業界をリードしているのが、 大阪に本社を置くファミリー株式会社。創業者の稲田二千武社長は「マッサージチェアは生活必需品でないからこそ、感動してもらえる商品を作らねばならない」と語ります。
(2008年1月27日NHK“ルソンの壺”出演記事より抜粋)

≪盛和塾とは≫
京セラ鰍フ稲盛和夫名誉会長から、人としての生き方[人生哲学]、経営者としての考え方[経営哲学]を学ぼうと集まった経営者の勉強会。
会員数 60塾、5,497名(2009年12月現在)。

受講者の声

 稲田代表の哲学をお聞きしてあらためて感銘しました。 
 無意識の中にどう生きていくべきか見えてくる。信用(人格・人間性)が財産。才ある者は才でおぼれる。タガがゆるむとトヨタでもつぶれる。哲学とは「人として何が正しいか」「仕事を通じてどう社会に役立つか」の視点。上に立つほど自分が見えなくなる。心の経営・国際化の時代。ユーザーから見て自社商品の必要性を社員と共にすさまじいまでの研究をすべし。くもり(私利私欲)がなければ先(大局)が見える。経営指標はコックピット。50%の売上で利益を産む体力。一人当たりの生産性(スピードアップ)マイナス思考の社員とは徹底して話し合うこと。親御さんに代わって社会に通用する人間に育てる使命がある。大善は非常に似たり、小善は大悪に似たり。目的意識をもって修業。30歳代が強い。
などなど、稲盛哲学の一つひとつが魂に響き興奮しました。しっかりと自分の人生の中で、仕事の中で実践していきたいと強く思いました。ありがとうございました。